メテックス吉川Pの えぶりでい♪

大阪府東大阪市で、 株式会社メテックスを経営している 吉川のブログです。 ”溶接”を通してお客様に 信頼される製品・ サービス・ソリューションを提供し、 社会発展・環境改善に 貢献したいと思っています。

カテゴリ: 溶接(メテックスの仕事)

株式会社メテックスは、溶接材料を取り扱っています。





 



 



人気ブログランキングに参加しております。
よかったら、一日一回クリックして下さい。
Click once a day, please.


社長ブログランキング

*特殊材料について*

ステンレス鋼用やニッケル合金などを溶接する場合の
溶接ワイヤも取り揃えています。

ハステロイとかインコネルと呼んでいます。

71038658_3030432107029342_4342162187649810432_n (1)71038658_3030432107029342_4342162187649810432_n

このような溶接ワイヤは、高価なものですが、

耐熱性や耐食性にも優れ、
石油コンビナート、天然ガスパイプライン、
医薬品製造プラント、化粧製造プラント、原子力プラント、
宇宙開発用ロケットエンジンなどなどの溶接に使われています。

本当に、溶接材料はいろいろな所に使われていますね。

教えてもらう前と後!(by 滝川クリステル)(笑)

良質の溶接材料をお探しの際は
ぜひメテックスにお声かけをお願いします。

メテックスはお客様を裏切りません。

71074552_2580459845310149_5647521822577524736_n (1)


溶接棒とは?
20140127_1

アーク溶接において,
溶けて溶接部分の母材と一体となり接合の目的を果たす金属棒のこと
です。

実は溶接棒というのは、溶接で最初に登場した製品なんですよ。

溶接部にとかしこんで充填するので
融点(固体が解ける温度)が低い棒状の金属です。


溶接棒というのは、
用途によっていろいろな種類があって
いろんな場所、場面で使われてます。

メテックスではその溶接棒も扱っています




昨日の続きです。

ソリッドワイヤGW18
GW18

の溶接ワイヤは、高張力綱用、つまり通常よりも強い鉄鋼用の溶接ワイヤで、
主に、大型の建設機械や高層マンション、
大型建築物などの耐震性を高める為に使われています。


阪神淡路大震災の経験が契機となって開発しました。

耐震性を追求するのは
建築物にとって大切なことです。


最近の地震大国日本では、この製品に対して注目が集まっています。


グッド2


株式会社メテックスは、

198704月、
台湾溶材総合メーカーGOODWELD
(中鋼
材廠股份有限公司)と
日本
総代理店契約させていただきました。

グッド

 

現在 GOODWELD社の品物を扱っているのはメテックスだけです。

 

まずは国内販売商品についてご紹介します。


*各種被覆アーク溶接棒、

MAG溶接用ソリッドワイヤ、

*フラックス入りワイヤ、

*ステンレスTIG/MIG/FCW

*サブマージソリッドワイヤ、

*硬化肉盛用、

*インコネル/ハステロイ用、

その他溶接材料全般を取り揃えています。

(一般の方には、なじみのない製品ばかりですよね、すみません)

 

<溶接ワイヤ>


溶接ワイヤ
は、アーク溶接をする際に用いられる針金状の溶加材です。

コイル状に巻かれた長い溶接ワイヤを
溶接トーチに少しずつ送りながら作業を行います。


溶接ワイヤは、溶接したい材料によって使い分ける必要があります。

 
基本的には現在「ソリッドワイヤ」と
「フラックス入りワイヤ」の2種類が使われています。


ソリッドワイヤについて


同質のみでつくられた溶接ワイヤです。

溶け込みが浅いので、薄板の溶接に適していて、

アークの集中が良いので溶け込みが深いと言われています。


ソリッドワイヤGW12

自動車、バイク、バスや住宅用品などに使います。

GW11

ソリッドワイヤGW11

マンションや工場などの大きな建物、大型建設機械などに使います。

GW-11
 

フラックス入りワイヤについて★


中にフラックス
(アーク安定剤や脱酸素材など)と呼ばれる粉が入っていて

より効率的に溶接ができるようになっています。

主に造船や建物などのような大きくて外でしか作れない
大型構造物の溶接などを中心に使います。
フラックス入り

 

フラックス入りGMX70
GM70

フラックス入りGMX71
GW71


↑このページのトップヘ